FC2ブログ

好き"だった"メタルバンドアルバム写真集

 今回は好きだったメタルバンド、ということで過去形になりますが、中でもそれなりに印象に残ってるバンドを紹介します。かなりランダム感はあります(笑)



その①

TWILIGHT IN OLYMPOS / SYMPHONY X
SIGN OF TRUTH / DIONYSUS
LEGENDS FROM NOW AND NEVERMORE / GALLOGLASS


まずはアメリカのネオクラシカルメタルバンド、SYMPHONY X。イングウェイ・マルムスティーンのフォロワー、マイケル・ロメロの超絶速弾きがウリの"様式美"系プログレバンドです。インギーは若い頃は細めの美形だったのが別人になっていくんですが、マイケル・ロメロは元々太めで、この2人にSTRATOVARIUSの元G、ティモ・トルキを含めネオクラ3大巨漢ギタリストといったようなやや差別的な呼び方をされたりしています。見た目で誹謗するのは論外として、速弾きギタリストとして並べてるとしても、この2人と並べられてはマイケル・ロメロがかわいそうな感じがします。中身まで一緒にされて、性格・人間性に難があるってイメージを勝手に持たれてしまいかねません。。。あ、全然バンド紹介してない(苦笑) 写真(左)は1998年リリースの4thです。

続いて、スウェーデンのパワーメタルバンド、DIONYSUSで、写真(中央)は2002年リリースの1st。LUCA TURILLIのVoだったオラフ・ヘイヤーがいるキラキラした感じのメロパワで、こちらも様式美系でジョニー・ウリーンというネオクラ系ギタリストが弾きまくってます。思えば2000年代前半くらいまではネオクラ系のメロパワもかなり聴いてました。速弾きへの関心はとっくに失せていましたが。。。

で、次は雰囲気ががらりと変わって、ドイツのパワーメタルバンド、GALLOGLASS。写真(右)は2003年リリースの1st。こちらはB級クサメタル系に近い感じもするバンドで、わずか2枚で解散したのかもわからないまま音信不通に。。。印象的なのはヴァイオリンでイントロや間奏部にソロで頻繁に用いられていて、これがかなり良いです。が、それを除くとこれといって…といった印象で、なにかと物足りなさみたいなのは感じました。




その②

GLORY THY NAME / DIVINEFIRE
OF WARS IN OSYRHIA / FAIRYLAND
WORDS UNTOLD & DREAMS UNLIVED / SERENITY


まずはスウェーデンのシンフォニックパワーメタルバンド、DIVINEFIRE。写真(左)は2004年リリースの1st。このバンドはサウンドがかなり激しく、ジャンル的にパワーメタルと他の何かを合わせてるような印象があります。なんとなくちょっと自分の好みと違うかなーという感じで、結局このデビューアルバムしか購入していないんですが、音質・演奏レベルともに高く、良い曲もあって記憶にはしっかりと残っています。
続いて、フランスのシンフォニックパワーメタルバンド、FAIRYLAND。写真は2003年リリースの1st。ジャケからも想像できそうですが、エピック系シンフォで、RHAPSODYを彷彿とさせるところがあるものの、僕の印象としてはちょっと違うかなという感じ。何といっても、Voが元DARK MOORのエリサ・マルティンで、初期DARK MOORほどではないものの一定のクサさもあるのが大きなポイントです。ただ、過剰に期待しすぎてたところもあって、あくまで個人的にですが、それほど満足できなかったかな。メロディーが弱いというか、オーケストレーションに凝り過ぎてるというか。。。それでもエピックシンフォとしての完成度の高さには満足していたので、2ndも購入してみたら音楽性の変化を感じたのでここで離れました。

で、オーストリアのシンフォニックパワーメタルバンド、SERENITY。写真(右)は2007年の1st。個人的に残念な出来だった2ndでいったん離れたんですが、僕の知らない内にパワーメタルバンドとしてそれなりに名を挙げていたみたいで、高評価っぽかった2017年リリースの6thを購入しています。これがなかなか良かったので、続けて1つさかのぼって5thも購入してみたら、そっちはダメ(個人見解です)で…(苦笑) 今回の好き"だった"というテーマからすると、5thと6thの話はかなり最近のことになるんですが、詰まるところ1stが一番良かったかなという結論になるので、この記事に含めました。




その③


HATTIN / CRYSTALLION
HEADING NORTH / STORMWARRIOR
CLOUDRIDERS PART 1 : ROAD TO SKYCITY / KERION


まず、ドイツのパワーメタルバンド、CRYSTALLION。写真は2008年リリースの2nd。このアルバムが初購入で、1曲目のイントロは台詞付の壮大なオーケストレーションとなっていて、ジャケからもエピック系シンフォニックメタルか?と思わせてくれます。が、蓋を開けてみればややB級感のあるメロスピ・クサメタル系でした(笑) クサメタラーな僕には悪くないアルバムでしたが、3rdがガッカリな内容だったので、好きなのはこの1枚だけです。
続いて、同じくドイツのパワーメタルバンド、STORMWARRIOR。写真は2008年リリースの3rd。このバンドはまさにドイツ、"ジャーマンメタル"そのものです。初期はHELLOWEEN、GAMMA RAY風で、"キーパーメタル"というよりはデビュー当時の粗削りなHELLOWEENっぽいです。が、写真の3rdになると、1曲目から今度は思いっきりRUNNING WILD風になってます(苦笑) まあとにかくジャーマン愛が半端ないバンドであることはひしひしと伝わって来ます。稀にこういうバンドがドイツ国外にもいるんですが、このバンドは母国出身の"ジャーマンメタルバンド"です。

で3つ目はフランスのシンフォニックメタルバンド、KERIONです。写真は2012年リリースの3rd。『CLOUDRIDERS PART 1』とあって、この3rdがなかなか良くて、次の4thが『CLOUDRIDERS PART 2』で続編ということで期待して買ったら。。。って、確かこの記事、前に書いた気がします。少なくとも音楽的には全くもって続編ではなくて、ファンタジックなシンフォニックメタルだったのが、モダンというかピコピコした電子音がとにかく目立つ中世から一気に現代を通り越して近未来に飛んだような感じになってました。興味なかったので内容は見ないままでしたが、ジャケ的にも近未来にタイムスリップでもしたようなストーリーだったのかもしれないですね。音楽的にもそうなるって前もって言ってくれないと…(爆)




その④


THE SKULL COLLECTORS / HIBRIA
LUXAETERNA / AQUARIA
HEREAFTER / MAGICA

ブラジルのパワーメタルバンド、HIBRIA。写真左は2008年リリースの2ndで、僕は1stとこの2ndまで購入しています。最新は2018年に6thをリリースしていて、順調に活動しているようです。デビュー時点で、演奏レベルも音質も高く、しかも、歌唱力やパワー文句なしのかなり強力なVoがいる凄いバンドでした。このバンドが出て来て、もはやブラジルはANGRAを輩出した国ではなく、パワーメタルシーンにおける重要な国の1つとなったとさえ感じました。ただ、正統派のプログレということで、距離を置くことにしました。この辺は、DREAM EVILあたりと同じで、クサメロ好きというのもありますが、正統派まで追いかけてる余裕(金銭的💦)はないです(笑)
で、同じくブラジルのパワーメタルバンド、AQUARIA。こちらはANGRAのフォロワー的な扱いだったように記憶しています。ただ、この写真の1st(2005年リリース)からトンデモなくクオリティーが高く、曲の展開も凝っていてとても新人バンドとは思えない衝撃がありました。こちらは2ndまで購入していて、その後も追いかけていくつもりでいたんですが、その後音沙汰なくなくり、どうやら解散しているようです。初期のANGRA路線でラテン音楽と壮大なオーケストレーションを融合させた超絶クオリティーのシンフォニックメタルバンドだっただけに本当に勿体ないし残念!

もう1つの写真右はルーマニアのシンフォニックメタルバンド、MAGICA。まどマギファンが一瞬だけ反応しそうなバンド名ですが、"マギカ"ではなく、"マジカ"と読むようです。写真は2007年リリースの3rd。Voはクラシック畑出身の女性で美しいソプラノヴォイスです。この頃はまあ好みの音楽だったんですが、その後、どうやら流行りだった"フィメールゴシック路線"へシフトした模様。





 では、撮った12枚の中から特に好きな曲を4曲、どうぞ。。。


A WINTERTALE / GALLOGLASS

イントロのヴァイオリンが最高なんですが、この曲はギターもなかなかいい感じです♪

LIVE MY LIFE FOR YOU / DIVINEFIRE

こちらはシンセが最高!イントロからずっとバックのオーケストレーションが素晴らしい曲です。

HEADING NORTH / STORMWARRIOR

曲が始まった瞬間からRUNNING WILD愛全開です!

AND LET THE SHOW BEGIN / AQUARIA

2分半のRHAPSODYに匹敵するクオリティの壮大なイントロ曲を経て幕を開ける
アルバムオープニングチューン。ただただスゴイとしか言いようがないです。


スポンサーサイト



コメント

ムッツリーニ大佐( ̄^ ̄)ゞ

LIVE MY LIFE FOR YOU
は確かにバックのシンセがいい味出してます。

エモい(^ - ^)

ST

Re: ムッツリーニ大佐( ̄^ ̄)ゞさん
DIVINEFIREは、もうすっかり懐かしのバンドになってこの曲も久々に聴きましたが、シンセがすごく訴えてくるというかアピール感すごいですよね(^^)b 今聴いてもこれはすごく好きです♪

非公開コメント

ST

Yahooブログより引っ越してきましたSTと申します。宜しくお願いします。

主に取り上げているもの:パワーメタル・クサメタル>ハードロック>クラシック

今特に好きなバンド:DERDIAN、POWERWOLF、BATTLE BEAST、BEAST IN BLACK、SABATON、MinstreliX、MAGO DE OZ、TWILIGHT FORCE

ブログ活動の目的:クサメタル、パワーメタルの布教
好きな音楽を思ったまま感じたままに書き綴るスタイルで、ブログ活動を自分自身が楽しむことも大きな目的の1つです。

→ 好きなメタルアルバムTOP10

プロフ代わりに。。。
→ 100の質問に答えてみる

カレンダー (記事更新確認用)

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ロック・メタル部門ブログランキング

記事カテゴリ分け

バンド名から過去記事を検索

FC2ブログ ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1021位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロック
87位
サブジャンルランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR